グラフィックイメージ
不断水工法
施工手順
1)
既設主配管より分岐取り付け部分の保温材を剥がす。
2)
既設配管の分岐予定個所の塗装を剥離する。
3)
単管を仮付けし、取り付け位置を調整する。
4)
単管をすみ肉溶接で取り付ける。(電流値の管理が必要である。)
5)
単管のフランジに制水弁(仕切弁)を取り付ける。
6)
バルブを開いたままの状態で単管とバルブに水圧を掛けて溶接箇所及び、制水弁に漏れがないか確認する。(水圧テスト)
7)
バルブに穿孔機を取り付ける。
8)
穿孔機の排水バルブを開にして、穿孔を開始する。(既存管の水圧により切り粉は穿孔機の排水口に流れ配管内部に残ることはない。)
9)
切断が完了したら、単管に取り付けてある制水弁(仕切弁)を閉じる。
10)
穿孔機を取り外す。
11)
溶接箇所等の点検後、塗装をして完了となる。
概念図
作業フロー


SNKの技術情報