グラフィックイメージ
HACCP対応空調
HACCPをソフト・ハードの両面から構築し、省エネ性が高く高品質で低コストの環境を提供するため、計画から、施工・予測保全に至るまでサポート致します。
1.背景
米国で確立された「HACCP(Hazard Analysis &Critical Control Point)」は日本においてもその重要性が認識され、食品衛生法上の承認制度として導入されてから10年以上がたちます。
その間、数多くの食品製造施設においてHACCPは導入され、ますます広がりをみせています。
しかしこうした中、他製品同様に食品のコスト競争は厳しく、ニーズの多様化も相まった複雑な生産工程・管理など、HACCPに対する取組みも容易なものではありません。
当社は食品製造施設建設の豊富な実績とノウハウを生かし、HACCPを考慮した最適な空調設備の計画・設計から施工まで、万全のサポートを提供しております。

2.HACCPのポイント
飲食に起因する健康被害またはそのおそれ。
これらの危害を HACCPシステム でコントロールする。
HACCP導入には、7つの原則と12の手順が不可欠です。
SNKの技術情報