環境・エネルギー/エネルギーコンサルティング

取り巻く環境

近年の環境負荷低減議論の中、さまざまな取り組みが求められています。

2015年にフランス・パリで開催された、気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)にて2020年以降の温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」を採択し、日本は2030年に2013年比温室効果ガス26%削減という目標を掲げました。

東日本大震災後の電源構成変化に伴い、今まで以上のさまざまな取り組みが求められています。