Event & News
2017年1月からモルディブ支店を再開設
スリランカ現地法人の事業領域の拡充を目指して
〜カンボジアに次ぐ海外第6の拠点〜
2017.2.10
 
 新日本空調株式会社(代表取締役社長 夏井 博史)は、海外における第6の拠点として、2017年1月からモルディブ支店を再開設します。このモルディブ支店は当社のスリランカ現地法人(SHIN NIPPON LANKA (PRIVATE) LTD. 社長 岡野 登)の傘下として事業展開を推進するものであり、空調、消火衛生や電気設備はもとより、自然還元力を利用した上水浄化システムや太陽光発電等、省エネルギーに資する環境設備全般にも力を注いでまいります。また、近年需要が高まっているリゾートホテルや1986年に当社が初めてモルディブに進出以降手掛けてきた数々のホテル、官公庁施設、発電所、学校等の建物ライフサイクルにおける保守保全、改修更新工事等を事業対象として始動します。当現地法人のエンジニアリング体制を最大限に活用し、将来増加するであろう建築設備全般に関わる様々なお客様のニーズに対し、日本国内同様の「SNK品質」を提供し、お客様の事業展開に貢献していく所存です。モルディブでの事業計画としては5年後を目途に20億円規模の拠点にしていく予定です。
1.モルディブへの再進出の経緯
 新日本空調株式会社は、2013年度に海外事業統括本部を設立し、既に30年以上の施工実績のあるスリランカ、中国、シンガポールの3現地法人の事業基盤と相互機能の連携ネットワークを強化推進させながら、新たな進出国への海外戦略を推進してきました。その結果、既に海外第4、5の拠点としてミャンマーとカンボジアに支店を開設し、事業展開を進めております。
 当社におけるモルディブでの工事実績は、スリランカ拠点での事業体制下、マーレ島(北マーレ環礁)での通信施設を施工した1986年に遡り、その後もオルベリ島(南マーレ環礁)でのリゾートホテル建設、大統領官邸(現:高等裁判所)、エダフシ島(バア環礁)・ナイファル島(ラビヤニ環礁)発電所、ビリンギリ島(アッドゥ環礁)でのアジア有数5つ星ホテルのリゾート開発等、数十件の実績を積み上げてきました。今回は、2015年〜2016年度に亘るスリランカでの新規リゾートホテル建設での実績が評価され、それらお客様のモルディブへの新規ホテル開発に合わせ、首都機能を有するマーレ島に支店を再開設するものです。
2.モルディブ支店の体制と今後の展開
名称:Shin Nippon Lanka (PVT) Ltd Maldives branch
所在地:1st Floor, Milano Building, Rahdhebai Magu, Male, Republic Of Maldives

 当該国における事業展開の鍵は、現地における建築設備全般の計画、設計、施工、引き渡し、保全およびメンテナンスに至るまでの一貫したエンジニアリング体制ですが、今回の再開設に際しては、永年培ってきたスリランカ現法での設計、機資材調達、施工品質管理機能、直傭自社工場を基軸に施工体制を構築し、スリランカでプレハブ加工を行い最低限の仮設対応で離島の施工を進める方針です。当社としては自然エネルギーを最大限に活用したシステム計画が設計上の重要なタスクと考えており、水資源や電力資源に乏しい当該国での環境保全や省エネルギーに資することはもとより、現地自然環境を踏まえた総合的な資源リサイクルを念頭に事業を展開する予定です。
 今後は、日本国内同様の「SNK品質」を提供し、日系並びに優良外国企業の投資案件の他、先進諸国が援助する環境改善プロジェクトやその後のお客様の事業基盤の発展に寄与するべく尽力していく所存です。現地政情との兼ね合いになりますが、5年後を目途に20億円規模の事業拠点にしていく計画です。
3.本件に関する問い合わせ先
新日本空調株式会社 経営企画本部 企画部 広報課 星野 昌亮
TEL:03−3639−2332(ダイヤルイン)
FAX:03−3639−2734
E-mail: hoshinom@snk.co.jp

新日本空調株式会社 海外事業統括本部 加藤 幸雄
TEL:03−3639−2704
FAX:03−3639−2738
E-mail: katohy1@snk.co.jp