研究開発/施設

脱臭性能評価チャンバー

家庭用空気清浄機の脱臭性能試験に用いられている試験装置です。これは日本電機工業会JEM1467で制定されている試験方法で、すべての臭気について試験することは困難であるため、代表として発生量の多いタバコ臭を用いた脱臭試験です。測定ボックスは、密閉性、測定部位、発生臭気、検知管の感度レベルなどを考慮して、1m3(1m×1m×1m)の臭気及びガスの吸収及び付着が少ないアクリル製の密閉容器としています。弊社では、JEM1467に準じて光触媒脱臭シートなど様々な脱臭装置の脱臭性能評価を実施しています。

  • 脱臭性能評価チャンバーの画像