PREV

汎用可視化用光源「パラレルアイF」

NEXT
>>> 詳細に関するお問い合わせはこちら >>>

気流のトレーサ実験や

狭小箇所の微粒子可視化に

取り回しがとても簡単な

汎用ファイバ式可視化光源

■ 特長1:照射ヘッドがコンパクト
ファイバの先端に接続された、軽量小型の光膜アタッチメントより光膜を生成します。煩雑な光学系の設定もしなくて良いので、気流可視化実験がとても容易になります。また、視認し難い狭小箇所や、人が入れない空間の可視化にも、最適です。可視化のための応用の幅が広い汎用光源です。
先端照射ヘッドが小型で取り回しが簡単

先端の照射ヘッドの大きさ

■ 特長2:レーザーシートの豊富バラエティ
先端のアタッチメントの光学ブロックを付け替えることによって、様々な光の膜を作り出せます。特殊な光学部品により5°から300°まで広げることもできます。また、扇状ではなく、ほぼ平行な光の膜を生成することもできるアタッチメントもあり、とてもユニークなレーザシートが生成できるファイバー式の可視化光源です。
レーザシートが300degまで広がります

300°に広げたレーザシート

■ 可視化システム構成のためのベストソリューション