診断・評価

省エネ診断

建築物の利用に伴い排出される温室効果ガスの排出量は、温室効果ガスの過半を占めています。これを削減するためには、施設のライフサイクル(企画、設計、施工、維持管理、改修、解体)を通じて、省エネルギー性能を分析・評価し、マネジメントしていく視点が重要です。


各設備システムの省エネルギー性をエネルギー使用量の把握から診断・評価致します。エネルギー使用量を算出、評価する手法を以下に挙げます。

・シミュレーションによるエネルギー使用量算出
CASBEE(建築環境総合性能評価システム)
開発機関 (国土交通省主導の下)財団法人建築環境・省エネルギー機構
概要 建築物の環境性能を環境負荷削減、環境品質・性能の向上の側面から総合的に評価し格付けするシステム。地球環境・周辺環境にいかに配慮しているか、ランニングコストに無駄がないか、利用者にとって室内環境が快適か等の性能を客観的に評価・表示が可能。
対象建物 日本国内の新築、既存及び改修建築物

 

The BEST program(略称BEST:Building Energy Simulation Tool)
開発機関 (国土交通省住宅局支援の下)財団法人建築環境・省エネルギー機構
概要 建築物の総合的なエネルギー消費量算出ツール。空調設備のみならず照明やエレベータなどの建物にかかわる全ての設備をシミュレーションの対象としているため、建築物の総合的なエネルギー消費量の算出が可能。
対象建物 一定規模以上の新建築物とあわせて既存建築物にも適用可能。

 

LCEM(ライフサイクルエネルギーマネジメント) ※国土交通省サイト(官庁営繕)へリンク
該当ページ : 官庁営繕>「主な施策」>「LCEMツール公開中」
開発機関 国土交通省官庁営繕部
概要 建築物のライフサイクルを通しての空調シミュレーションを行うためのプログラム。空調負荷や建物利用状況に応じて、対象の建物がどのようなエネルギー性能を形成しているかの表現が可能。
対象建物 官公庁施設で使用することを目的とされているが、民間施設においても使用可能。

 

原単位管理ツール(ESUM) ※財団法人省エネルギーセンターサイトへリンク
該当ページ : HOME>工場・ビル・荷主等産業の省エネ>原単位管理ツール(ESUM)
開発機関 財団法人省エネルギーセンター
概要 オフィスビル、商業ビル、病院、ホテルの全エネルギー消費を予測計算するエネルギー消費原単位管理ツール。
対象建物 オフィスビル、商業ビル、病院、ホテル