診断・評価

環境機能診断

各設備システムが有する機能のうち、環境諸要素、業務環境及び保守環境と設備システム等の整合性を診断します。

(1) 環境諸要素(温熱環境、空気環境、光環境、音・振動環境、保健衛生環境、他)が各種基準(ビル管法、他)を満足しているか、依頼者の要求レベルを満足しているか。
(2) 業務環境と各設備システムとの整合性(OA化に伴う電源供給、照明や空調環境など)
(3) 保守環境と設備システム等の整合性(保守・点検の難易など)


診断手法の種類を以下に挙げます。(○は「研究開発」のページへリンク)

●シミュレーション解析技術   ●微粒子可視化システム
  ○熱流体解析技術   ○ダクト堆積塵の評価技術
  ・室内環境連携型動的空調シミュレーション ACE‐Vids®   ○微量ケミカル分析技術
  ・空気イオンシミュレーション   ○抗菌性能評価技術
  ・騒音シミュレーション   ○建材からのアウトガス発生量評価技術
  ・エネルギーシミュレーション   ○臭気評価技術
  ・空調負荷シミュレーション   ○水蓄熱槽性能評価技術
  ・非定常温度シミュレーション   ○管内水温の簡易計測技術
  ・分子シミュレーション