博多三井ビルディング2号館
博多三井ビルディング2号館 建築概要
建物名/ 博多三井ビルディング2号館
住 所/ 福岡市博多区店屋町1-35
建築主/ 三井不動産株式会社
用 途/ 事務所ビル
構 造/ 鉄骨鉄筋コンクリート造
規 模/ 地上10階 地下1階 搭屋2階
延床面積/ 21,939.28m2
改修工事工期/ 2015年10月〜2016年10月


建物の紹介
博多三井ビルディング2号館は、博多駅からの幹線道路、大博通り沿いに建つオフィスビルで、1991年に竣工し、築25年が経過している。様々なテナントが入居するビルであり、且つ、7月の『博多祇園山笠』や12月の『福岡国際マラソン』が開催される道路に面したビルである。

改修工事の概要
・既存設備 ガス冷温水機 210kW×2台 冷却塔 418kW×2台
外調機(全熱交換器組込型)×2台 送風量 29,100m3/h、排風量 17,850m3/h
床置パッケージエアコン×36台
・新設設備 ガス冷温水機 210kW×2台 冷却塔 418kW×2台
外調機(全熱交換器組込型)×2台 送風量 29,100m3/h、排風量 17,850m3/h
外調機組込み型電極式加湿器 88s/h×2台
マルチパッケージエアコン 室内機(天井隠蔽型)297台 室外機72台
改修工事の内容紹介
築25年が経過し、空調機の不具合も見受けられるようになったため、2階〜10階のテナント系統をすべてマルチパッケージエアコンに更新する工事を行った。また、テナント系統の外調機、熱源機器のリニューアルも行った。
工事は、毎週金曜日の夜〜月曜日の早朝までの時間帯で行った。1フロアーを4工区に分け、1工区に3週を要した。1週毎に次工区の施工に着手するサイクルを繰り返し計48週にて完了した。熱源機器の更新は中間期に行い、外調機の更新は3連休に行った。
居ながらの工事であったが、入居テナント様や関係各位様の御協力により無事完了しました。この場をお借りして深く御礼を申し上げます。
施工後 パッケージ室外機
 
施工後 冷温水機

SNKの技術情報