京都センチュリーホテル
建築概要
建物名/ 京都センチュリーホテル
住 所/ 京都市下京区東洞院通塩小路下ル
東塩小路町680
建築主/ 株式会社京都センチュリーホテル
構 造/ SRC造
規 模/ 地下2階、地上10階
延床面積/ 19,939.40m2
完 成/ 昭和55年3月
改修工事工期/ 平成16年3月〜平成17年5月


改修工事の概略
■熱源設備更新工事
  既存設備 空冷チラー 220RT×1台 
水冷チラー 100RT×2台
  新設設備 ガス焚き吸収式冷温水発生機 100RT×4台
■マイクロコージェネレーション新設工事
  発電量 22kw×5台
  排熱利用先 給湯設備
(市水系統 134.4kw(115,584kcal/h)
 井水系統 89.6kw(77,056kcal/h))
改修工事の内容紹介
竣工後約25年経過し、熱源機器の老朽化に伴い初めての熱源改修を行った。
駅近辺のホテルで近隣も宿泊施設が多数あり、機器の搬出入は夜間に行ったが、騒音に注意し施工した。
客室内のFCU更新工事では、絨毯やクロスはもちろん、全室ベッド(シモンズ社製)の入れ替えも行い、その工事の一部としてFCU更新を行いました。
その工事によって、より快適に宿泊できるよう改装されました。


SNKの技術情報