仙台本町ビル
ビルのリフレッシュ事例 > 仙台本町ビル 建築概要
建物名/ 仙台本町ビル
住 所/ 仙台市青葉区本町2-3-10
建築主/ 昭栄株式会社
用 途/ 複合用途ビル(店舗・事務所)
構 造/ SRC造
規 模/ 地下1階、地上12階、塔屋1階
延床面積/ 13,330.05m2
完 成/ 昭和60年
改修工事工期/ 平成17年2月〜17年6月


ビルの紹介
仙台本町ビルは昭和60年竣工(築20年)の建物で、仙台市中心における事務所ビル街の中でも最も中心に位置する事務所ビルである。周辺には新しく環境設備の整ったビルが数多くあり、テナントのお客様のニーズにお答えするために、いかに事務所ビルとしての付加価値を向上させるかを求められた物件である。
改修工事の概略
今回はオフィス環境の改善を目的として空調設備の全面リニューアルを実施した。工事は既存設備を暖房として使用し、且つ「いながら改修」で更に短工期の中で、防水工事と空調設備の改修を同時進行した。(暖房は4月中旬まで使用、冷房開始は6月1日より実施)
従来のセントラル空調からGHPによる個別空調へ、また、空調と一体化した換気設備も全熱交換器による個別換気へと変更した。結果、各テナントの環境が改善されただけでなく、電力量・ガス量を含めて約15%削減という省エネの効果がもたらされた。

各テナントごとに綿密な打合せを行うことで、大きなトラブルもなく工期内で完了できた。また、本工事が無事完工できたことに、施主・ビル管理会社・各テナント等のお客様、そして工事に従事した職員及び関係者に感謝したい。

ビルのリフレッシュ事例; 仙台本町ビル
ビルのリフレッシュ事例; 仙台本町ビル
ビルのリフレッシュ事例; 仙台本町ビル

SNKの技術情報