東京文化会館
東京文化会館 建築概要
建物名/ 東京文化会館
住 所/ 東京都台東区上野公園5-45
建築主/ 東京都
用 途/ 劇場・ホール
構 造/ 本館・新リハーサル棟:鉄骨鉄筋コンクリート造
規 模/ 本館:地下1階 地上4階
新リハーサル棟:地下2階 地上1階
延床面積/ 22,568m2
改修工事工期/ 2013年12月〜2014年11月
(作業開始2014年6月)


建物の紹介
JR上野駅“公園口改札”を出ると目の前に見えるのが東京文化会館である。「首都東京にオペラやバレエもできる本格的な音楽ホールを」という要望から、東京都が開都500年事業として建設し、1961年4月にオープンした。以来、世界中の著名なアーティストによる名演の数々が繰り広げられ、音響の良さが広く世界に知られている。
 
改修工事の概要
今回の空調改修工事では、老朽化した熱源機、空調機、ダクト・配管の更新を行った。熱源設備は、東日本大震災の経験を踏まえ、電気・ガスのベストミックス方式が採用されている。空調設備は、ホールの音響に最大限の注意を払って施工を行った。
改修工事の内容紹介
熱源設備は、既存ガス冷温水機440USRT×2台(合計3,094kW)を撤去し、ガス冷温水機738kW×2台と空冷ヒートポンプモジュールチラー900kW(150kW/モジュール×6台)の、合計2,376kWを新設した。新設の熱源容量は、過去の運転実績から決定されている。
全熱交換器の採用、送水ポンプのインバータ制御など省エネルギーに貢献すると同時に、空調機からの給気ダクト・還気ダクトにサイレンサを挿入し、騒音値NC20を達成した。空調機は、既存建物の扉より搬入せざるを得ず、細かい部品で搬入し狭い機械室内で組み立てる困難な施工であったが工期内に竣工した。
   

SNKの技術情報