受賞実績
学会賞学会賞以外の受賞実績
「学会賞」。それは、70年にのぼる歴史を持つ空気調和・衛生工学会(会員約2万人)が、毎年1回、空調衛生分野で技術と研究の向上に貢献する最もすぐれた設備に与える、伝統ある輝かしい賞のことです。
新日本空調は、昭和38年の第1回受賞以来、すでに28回にわたって「学会賞」を受賞しています。受賞の対象となった設備の多くは公共的施設であり、理想的な社会環境創造に取り組んできた新日本空調の姿勢と、それを支える技術力が高い評価を受けたといっても過言ではないでしょう。そして、この実績が信頼を生み、その信頼が、また新たな実績を生み出してゆくと、私たちは考えています。
一つひとつの実績を生かし、よりすぐれた環境の創造へ、これからも一歩ずつ着実な足跡を残したいと考えています。
受賞年 受賞内容 受賞対象
1963年 第1回 技術賞 東京文化会館
音楽ホールの換気空調システム
1964年 第3回 技術賞 中電ビル
ヒートポンプと二重ダクト方式による空調システム
1966年 第4回 技術賞 ホテルニューオータニ
インダクションユニット方式による超高層ホテルの空調システム
1968年 第6回 技術賞 パレスサイドビル
二重ダクト方式による空調システム
1970年 第8回 技術賞 霞が関ビル
インダクションユニット方式による超高層ホテルの空調システム
1971年 第9回 技術賞 全共連厚木事務センター
地域冷暖房による計算センターの空調システム
1974年 第12回 技術賞 東亜不動産新橋ビル(東電本社)
深夜電力利用と熱回収ヒートポンプによる省エネルギー空調システム
1975年 第13回 技術賞 大阪大林ビル
熱回収と4管式ファンコイルユニット方式による超高層ビルの空調システム
1976年 第14回 技術賞 新宿三井ビル
VAV方式による超高層ビルの空調システム
1977年 第15回 技術賞 新宿新都心地域冷暖房施設
超高層ビル群を対象とする地域冷暖房システム
1983年 第21回 技術賞 エンジンヒートポンプシステム
ガスエンジンヒートポンプシステムの開発と実用化
1986年 第24回 技術賞 大正海上(現・三井海上)本社ビル
VAV方式による省エネルギー空調システム
1987年 第25回 技術賞 柏ゴルフ倶楽部クラブハウス
総合ヒートポンプによる冷暖房・給湯システム
1991年 第29回 技術賞 鹿島KIビル
オープンアトリウム香り空調等を入れたインテリジェントビルの空調システム
  第5回 技術振興賞 建築設備配管用可搬式転造ねじ切機の開発
1994年 第8回 技術振興賞 聖路加国際病院
病室の居住性向上を図る空調技術
1995年 第33回 技術賞 サッポロファクトリー
積雪寒冷都市型アトリウムの環境・エネルギー計画
1996年 第10回 技術振興賞 江戸東京博物館
大空間開示室の空調技術
1998年 第36回 技術賞 DNタワー21(第一・農中ビル)
二重サッシ換気システムおよび二重ダクトVAV方式
2002年 第16回 技術振興賞 千葉市中央図書館・生涯学習センター
閲覧室の空調技術
    ラグザタワー
地球環境・都市環境にやさしい設備計画
2003年 第41回 技術賞 セイコーエプソンと豊科事業所 第2工場棟
周辺環境に配慮した省エネルギ−工場
2007年 第21回 技術振興賞 御蔵入交流館(田島町総合文化・保健複合施設)
「対流併用放射冷暖房システム」の採用
秋葉原ダイビルにおける氷蓄熱の運用と大温度差搬送システム
氷蓄熱のメリットを活かした「低温大温度差搬送方式と還り温度補償型 空調機の開発と採用」および「最適な熱源機器の組合せと運転」による電力負荷平準化と省エネルギーの実現
セイコ−エプソン(株)千歳事業所の空気調和設備
寒冷地の特性を活かした「開放式冷却塔でのフリークーリング」の採用と「井水熱利用」による省エネルギーの実現
2008年 第22回 技術振興賞 仲谷マイクロデバイス
2012年 第50回 論文賞 熱源システムのモデリングによるポンプ可変速制御方法
異なる機種・容量の熱源機器が混在するシステムや、可変流量対応機器と定流量機器が混在するシステムにおいて、単式ポンプ方式の採用を可能とする制御方法を確立
  第26回 技術振興賞 会津オリンパス株式会社拡張工事
継続的な熱源運転改善、自然エネルギー利用等により約40%のCO2排出量削減を達成
    マルイト難波ビル
経済性向上と高信頼度のエネルギーセキュリティ、災害時にホテルが防災拠点として機能する大型複合施設の設備計画
2014年 第2回 リニューアル賞 名古屋三井ビルディング本館における省CO2改修
既設改修工事という制約の中CO2削減率36%以上を達成。今後の省CO2化の余地の高い既存ビルへの波及・普及効果の高い改修モデルを実現
(※) (株)日本設計、中部電力(株)、新日本空調(株)名古屋支店、三機工業(株)中部支社、ジョンソンコントロールズ(株)名古屋支店、奥宮 正哉(名古屋大学大学院教授)での共同受賞
   
2015年 第3回 リニューアル賞 中国電力株式会社本社ビルにおける省エネ改修
劣化診断調査に基づき長期改修計画を策定し、11年に亘る省エネ改修で、約36%の省エネを実現