本文へスキップします。

ページタイトル
CSR&環境活動ページタイトル背景画像

考え方・体制・計画について

コンテンツ

役員・従業員は、法律・社会規範・社内ルールを守ります。違法や違反する行為の動機が、「会社のため」、「お客様のため」という職務上のことや、上司の指示であっても例外ではありません。違法行為、社内ルール違反には厳正な姿勢で臨みます。また、そのような行為をできる限り未然に防ぐために、社内外通報制度を整備、公開し、その通報者を守ります。

基本的な考え方

当社は、法令順守や公正な競争の推進等を重要な経営課題に掲げ、具体的には下記の施策を実施し、コンプライアンス強化に努めています。

1.代表取締役社長による「コンプライアンス徹底宣言」の表明
2.全役職員による「コンプライアンス誓約書」の提出
3.会社経営に関わるリスクに対応するリスク管理委員会の設置
4.管理統括担当役員を委員長とするコンプライアンス委員会の設置
5.受注プロセスの適切性を評価・監督する受注プロセス監視委員会の設置
6.内部監査部による業務監査の実施
7.ヘルプラインおよび独占禁止法相談窓口の設置
8.各種教育の継続実施
9.適切な人事ローテーション実施と社内処分の厳格化
10.内部統制部門による点検・モニタリングの実施、監査等委員会による監査の実施

マネジメント体制

コンプライアンス推進体制図

リスク管理体制図Image

目標・取り組み計画

マテリアリティ:コンプライアンス

1. コンプライアンス推進活動

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
※1. 独占禁止法遵守の為の専門教育を継続実施
1. 全社営業系職員を対象とした独占禁止法教育の継続実施(1回/年)
1. 独占禁止法教育実施
-
1. 継続実施

マテリアリティ:公正な事業慣行

1. 腐敗防止等の法令の遵守の推進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. コンプライアンス教育(含腐敗防止等に関わる教育)の推進 1-1. コンプライアンス教育
・役員 年1回以上 受講率100%
・従業員(含グループ会社) 年1回以上 受講率100%
・協力会社 各社隔年1回以上
1. <コンプライアンス>
・コンプライアンス研修受講率 95.3%
・コンプライアンスアンケート実施 回答率98.1%
・コンプライアンスポスター 掲示
・協力会社「コンプライアンス徹底の協力」発送
1. 研修内容の見直しと推進活動の継続
1-2. 腐敗防止等に関わる教育 年1回受講率100%
GDPR
当ウェブサイトでは、利便性向上のためCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています(詳しくはこちら)。
Cookieの使用にご同意くださいますようお願いいたします。なお、このまま閲覧を継続する場合もCookieの使用に同意したものとみなします。