本文へスキップします。

ページタイトル(エディタ)
会社情報ページタイトル背景画像

健康経営への取り組み

新日本空調の健康経営に対する取り組みです。

会社概要

健康経営への取り組み

健康経営宣言

当社は、企業理念実現に向けて会社の方針に「労働安全衛生」を掲げ、その推進のため10年ビジョン「SNK Vision 2030」のうち、「人的資本戦略」の課題の一つとして、下記の「健康経営宣言」を定めて取り組んでいます。

健康経営宣言
新日本空調は、従業員が自らの心身の健康維持を図り、自由で闊達な発想力を活かして仕事に取り組める職場環境を作り、会社の競争力を強化することが重要な経営課題ととらえています。
そして、従業員がワークライフバランスを充実して、働きがいを持ち続けられる会社作りを目指します。

健康経営体制

2021年7月現在

図1_健康経営体制図

代表取締役社長が責任者として、健康経営を推進します。取締役管理本部長ならびに人事部課長は、全従業員の健康状況を把握し、産業医や健康保険組合と連携して、改善や対策を講じます。さらに、各部門の管理部課長を「健康推進員」として、所属する従業員の健康管理の徹底を図っています。

健康診断受診率

一般定期基本健康診断の受診率は2年連続100%を達成しています。(2019年度、2020年度)
人事部と各事業部の担当者で連携し、計画的に受診者をチェックすることで、受診率100%の継続に努めています。
また、施工現場の所定外労働時間は、現場支援チームやスマートフォンの活用などにより、毎年削減されていますが、80時間を超える従業員も少なからずいます。そのため、施工現場で働く全従業員を対象に「施工現場健診」制度を導入し、6か月に一度健康診断を行い、現場従業員の健康管理を推進しています。

労働時間・休日

在宅勤務やテレワーク、ペーパレス化などの働き方改革により、所定外労働時間の削減を進めています。今後も取り組みを継続し、全従業員の平均所定外労働時間を27時間以内にすることを目指してまいります。

年間労働時間



2019年度 2020年度
年間総労働時間
管理職 1,926時間 1,776時間
非管理職 2,176時間 2,095時間
所定外労働時間
(休日含む)
非管理職 39.7時間 36.2時間
全従業員平均 33.1時間 30.6時間

有給休暇取得日数


2019年度 2020年度
平均取得日数
8.8日 9.6日

メンタルヘルス対策

従業員を対象として年1度「ストレスチェック」を実施しています。
近年の受検率は97%以上を推移しており、メンタル不調者の把握・フォローを努めています。


2019年度 2020年度
受検率
97.2% 97.6%
承認:エディタ
GDPR
当ウェブサイトでは、利便性向上のためCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています(詳しくはこちら)。
Cookieの使用にご同意くださいますようお願いいたします。なお、このまま閲覧を継続する場合もCookieの使用に同意したものとみなします。