本文へスキップします。

ページタイトル
CSR&環境活動ページタイトル背景画像

CSRマネジメント

ページ内リンク
CSRマネジメント

CSRマネジメント

     当社のCSR活動は、CSR活動に取り組むべき課題として「企業理念」「会社の方針」「中期経営計画」「ISO26000の中核主題」に沿って整理された社会課題を鑑み、「マテリアリティ(重点課題)」を特定し、ステークホルダーの皆さまとのコミュニケーションを行いながら、継続的なCSR活動の改善につなげております。
    さらに、2030年までに達成すべき世界の姿「持続可能な開発目標(SDGs)」を支持し、この実現に向けて、さまざまなCSR活動を推進しています。
      

    当社グループは、2018年度より、企業が中長期的に持続的成長を目指す上で重視すべき3つの側面、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)を視野に入れたESG経営を実行していくことを経営会議ならびに取締役会で承認しました。これにより、当社グループの事業特性を踏まえた上で、ESG経営の観点から、あらゆる事業活動における課題を特定し、中長期的取組み目標を定め、SDGsに代表される 国際的社会課題の解決に資する事業活動を推進します。

    また、当社グループの企業価値を向上させることを目的として、今まで活動してきたCSR・広報委員会を「CSR・ESG戦略委員会」と 改編し、2018年10月より活動を開始しました。この委員会は、SDGsに代表される社会課題や中長期的目標への取組みを事業プロセスに ブレイクダウンし、グループ内啓発活動やESG経営を推進すると共に、株主や投資家等、ステークホルダーに対する情報開示や建設的対話等を通じ、当社グループの取組み姿勢を社内外に発信する役割を担うことになります。また、それを実行する体制として、経営企画本部に「ESG経営戦略室」を設置し、各本部、事業部門の管理職・従業員やグループ関係会社とも協働し活動していきます。


    ●持続可能な開発目標(SDGs)とは
    SDGs(Sustainable Development Goals)は、2015年9月に150を超える国連加盟国が採択した、2030年に向けた持続可能な開発に関する目標。地球規模の優先課題を「世界を変えるための17の目標」として設定し、政府や企業および市民社会に対して全世界的な行動を要請しています。