本文へスキップします。

ページタイトル(汎用DB)
サービス ページタイトル背景画像

野村総合研究所東京第一データセンター

汎用DB:詳細

印刷する

実績概要

データセンター 省エネ 給排水衛生設備工事空気調和換気設備工事 新築 経済産業大臣賞
住所東京都多摩地区
規模S造(CFT)、地上4階・地下1階・塔屋1階
建築面積-
延床面積38,820m2
工期-
竣工日2012年8月31日
野村総合研究所東京第一データセンター

工事概要

都心からのアクセスが良く、地盤も強い多摩地区に建設された大規模なデータセンターです。「ダブルデッキシステム」という新たな建築方式で、高さ8mの1フロアをコンピューターエリア、メンテナンスエリアと区分化し、空調機の配置を工夫することで空調効率と耐震性を両立しています。 また、高効率熱源設備、竪型蓄熱槽(高さ35m)、自然換気、地中熱利用、自然採光、太陽光発電パネルなど多くの環境負荷低減施策が講じられています。非常時対策としても、全ての機器に関し予備機が設置され、冷凍機は停電後に通常より早く再起動するなど、多くの工夫・技術が集約されている施設です。 尚、当建物は先進で高品質な省電力化の取組みが評価され、「グリーンITアワード2013」において経済産業大臣賞を受賞しています。

関連実績

オフィス・商業・医療関連の実績へ 公共・教育・文化の実績へ エネルギー関連の実績へ 研究所・工場の実績へ

お問い合わせ窓口

お問い合わせ窓口:都市施設事業部