橋本MNビル
橋本MNビル 建築概要
建物名/ 橋本MNビル
住 所/ 神奈川県相模原市橋本3-25-1
建築主/ 日本生命保険相互会社
用 途/ 事務所
構 造/ 鉄骨鉄筋コンクリート造
規 模/ 地上8階
延床面積/ 5,819m2
改修工事工期/ 2015年7月〜2016年7月


建物の紹介
橋本MNビルは、橋本駅近郊に建つ事務所ビルであり、1992年の竣工から25年が経過している。1階〜3階は、東京三菱UFJ銀行、4階には日本生命保険相互会社、5〜8階は様々な会社が入居しており、駅からも近く入居率100%の人気のある事務所ビルである。

改修工事の概要
・既存設備 空冷ヒートポンプチラー 310kW×2台、空調機10,000m3/h×7台
全熱交換器(回転式)32,200m3/h×1台、ファンコイル65台
空冷パッケージ型空調機(外気処理)2台、送排風機一式
・新設設備 空冷パッケージ型空調機(外気処理)33.5kW×7台、
空冷ビル用マルチエアコン 室外機42台、室内機106台、送排風機一式
改修工事の内容紹介
今回の改修工事では、空調設備の老朽化対応と、個別化のメリットを活かす更新工事であった。個別化により、機器故障時の被害の最小化、テナントごとの温度調整や時間外運転など、運用面の向上が図れた。また、水冷式から空冷式に変更することにより、テナント内での漏水等のリスクが削減された。
テナントが居ながらの改修工事の為、中間期(春、秋)と休日、夜間に作業を行った。
テナント毎に緻密な打合せを行い、大きなトラブルもなく工事を期間内で終えられたことは、各テナント様、施主様、ビル管理会社様、関係各位の御協力によるものです。この場を借りて深く御礼申し上げます。

SNKの技術情報