広島商工会議所
建築概要
建物名/ 広島商工会議所
住 所/ 広島市中区基町5−44
建築主/ 広島商工会議所
用 途/ 事務所・貸会議室
構 造/ SRC造
規 模/ 地下2階、地上9階、塔屋2階
延床面積/ 13,858.57m2
改修工事工期/ 平成12年7月〜14年3月


広島商工会議所ビルは、昭和40年に竣工し、世界遺産である原爆ドームの真正面に位置している。当商工会議所は明治24年の創立以来、地域総合経済団体として、商工業の振興と地域社会の発展をめざして、活発な事業を展開している。
今回の空調改修工事内容としては、4F〜9Fのテナント部分について単一ダクト方式の中央式空調をビルマルチエアコン方式に、2F・3Fの一部貸会議室のダクト系にVAVを挿入して個別制御を可能とした。

テナント階については1フロアをビルマルチエアコンの系統別に4系統に分割して、「居ながら改修工事」で週末毎(金曜夜から日曜日まで)に工事を行った。
また、工事は広島商工会議所様、各テナントと密な打ち合わせを行いながら無事完了できた。


SNKの技術情報