本文へスキップします。

【参】h1

採用情報

サブナビ
  • 社長メッセージ
  • 会社概要
  • 事業紹介
  • SNKのDNA
  • 私たちが関わりました
コンテンツ

私たち新日本空調は、いくつもの「世界初」「日本初」の足跡を残しながら、空調の最前線を切り開いてきました。
創業以来80年にわたって積み上げてきた実績とノウハウ。
その先の新しいストーリーを
創る主役はあなたです。

1930(昭和5年)米国キヤリアコーポレーションと提携「東洋キヤリア工業株式会社」設立

 

1935(昭和10年)満鉄特急「あじあ号」に世界初の全列車空調施工

満鉄特急「あじあ号」に世界初の全列車空調施工

 

1936(昭和11年)関釜連絡船「興安丸」に世界初の全船空調施工

関釜連絡船「興安丸」に世界初の全船空調施工

 

1957(昭和32年)日本原子力研究所(東海村)に我が国初の原子炉空調施工

 

1963(昭和38年)第1回空気調和・衛生工学会賞受賞(東京文化会館)

 

1968(昭和43年)我が国初の超高層ビル「霞が関ビル」に空調施工

我が国初の超高層ビル「霞が関ビル」に空調施工

 

1969(昭和44年)東洋キヤリア工業株式会社の工事部門を分離独立し新日本空調株式会社設立

 

1971(昭和46年)新宿新都心に大規模地域冷暖房施工

 

1983(昭和58年)神奈川県横浜市に「工学センター」開設

神奈川県横浜市に「工学センター」開設

 

1990(平成2年)東京証券取引所市場2部に上場

 

1993(平成5年)東京証券取引所市場1部に上場
長野県茅野市に「技術研究所」「茅野研修所」開設

 

1997(平成9年)日本最大規模の観客収容能力を誇る「横浜国際総合競技場」(日産スタジアム)の空調施工

日本最大規模の観客収容能力を誇る「横浜国際総合競技場」(日産スタジアム)の空調施工

 

1998(平成10年)世界最高レベルの「微粒子および気流可視化システム」を開発

  • 世界最高レベルの「微粒子および気流可視化システム」を開発

  • 世界最高レベルの「微粒子および気流可視化システム」を開発

 

2002(平成14年)世界最大級の水槽がある「海洋博公園 沖縄美ら海水族館」の空調・衛生施工

  • 世界最大級の水槽がある「海洋博公園 沖縄美ら海水族館」の空調・衛生施工

  • 世界最大級の水槽がある「海洋博公園 沖縄美ら海水族館」の空調・衛生施工

 

2007(平成19年)都市型複合施設「東京ミッドタウン」の空調施工

都市型複合施設「東京ミッドタウン」の空調施工

 

2009(平成21年)シンガポールにおけるスカイラインの象徴である「マリーナ・ベイ・サンズ」の空調施工

シンガポールにおけるスカイラインの象徴である「マリーナ・ベイ・サンズ」の空調施工

 

2011(平成23年)都市型複合施設「大阪ステーションシティ」の空調施工

都市型複合施設「大阪ステーションシティ」の空調施工

 

2012(平成24年)「第50回空気調和・衛生工学会賞(論文賞)受賞 熱源システムのモデリングによるポンプ可変速制御方法」