ホテルオークラ東京別館
ホテルオークラ東京別館 建築概要
建物名/ ホテルオークラ東京別館
住 所/ 東京都港区虎ノ門2丁目10-4
建築主/ 株式会社ホテルオークラ
用 途/ ホテル客室・レストラン・宴会場・物販
構 造/ 鉄骨鉄筋コンクリート造
規 模/ 地下4階、地上13階、塔屋2階
延床面積/ 60,000m2
改修工事工期/ 2015年7月〜2015年8月


建物の紹介
ホテルオークラ東京は1962年に本館が開業し、別館は1973年開業と歴史の古い、日本を代表する高級ホテルであり、サービス・料理・くつろぎの空間で世界の賓客をもてなしている。
建物には客室・宴会場・レストラン・チャペル・写真室・その他フィットネスクラブ等を備えている。

改修工事の概要
2015年9月の本館解体に伴い、建替えの間は単独運営となる別館に、ホテルオークラ東京の機能を集約するための工事であった。2015年7月1日から8月31日までの2ヶ月間、別館を一時休館(一部営業継続)し、店舗・厨房・レストランの機能を本館から別館へ移転した。当社はそのうち空調設備・厨房フード消火設備を施工した。別館(客室・宴会場・レストラン・店舗)は9月初旬より営業を開始している。
改修工事の内容紹介
3フロアにまたがるホテル宴会用のメイン厨房の全面更新に加え、地下3階から13階までを各所レストラン・店舗に用途変更を行ったが、工期が2ヶ月という超突貫工事であった。
また工事は3フロア同時の施工であったため、各フロアごとに担当者を配置し、工程に影響が出ないよう、一つ一つの工事を確実に終わらせることが求められた。また夏季猛暑の時期であり、各作業場における作業員の人数が多く錯綜する状況で、施工を行うには非常に厳しい条件であったが、各協力会社の工程協力のもと、遅滞無く無事故・無災害で工事を完成させることができた。
ご尽力いただいた関係各位の皆様に大変感謝しております。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

SNKの技術情報