北九州テクノセンター
北九州テクノセンター 建築概要
建物名/ 北九州テクノセンター
住 所/ 福岡県北九州市戸畑区中原新町2-1
建築主/ 株式会社 北九州テクノセンター
用 途/ テナントビル(事務所)
構 造/ 鉄骨造
規 模/ 地上11階 塔屋1階
延床面積/ 7,176m2
改修工事工期/ 2009年6月〜2010年1月


ビルの紹介
(株)北九州テクノセンターは、北九州市及び周辺地域の中小企業の振興を目的として、頭脳立地法 により平成2年に創設した企業である。本建物は北九州テクノパーク内にあり、中小企業支援機関ならびにソフトウェア開発業等、多くの企業が入居されているテナントビルである。

改修工事の概要
・パッケージマルチエアコン(冷暖切替) ⇒パッケージマルチエアコン(冷暖フリー)
  12系統(室外機) 44台(室内機) 更新
・パッケージマルチエアコン(冷暖フリー) 24系統(室外機) 66台(室内機) 更新
・ハウジングエアコン  3系統(室外機) 4台(室内機) 更新
・同上機器の空調課金システム 更新
・加湿器85台 新設
・屋上部遮熱塗装工事 1,238m2 実施

改修工事の内容紹介
今回の工事では、築後16年が経過して、故障が頻繁となったビル全体(一部を除く)の空調機である、パッケージマルチエアコンのリニューアルを行った。また、各テナント執務室における冬場の湿度向上を図るため、単独加湿ユニットを新設した。
また、本工事では屋上部に遮熱塗装を施し、省エネルギー性を向上させたことで『平成20年度既存住宅・建築物省エネ改修緊急促進事業』の対象物件となった。
工程は、テナント様が通常業務を行いながらの「いながら改修工事」で計画し、金曜日の夜から月曜日の朝までというスケジュールの中で進められた。月曜日の朝には空調機の通常運転が必要であったため、各作業工程のスケジュール管理を徹底して行った。
工事は、事前のテナント様に対する要望等を施主様と入念に打合せを行い、トラブルもなく計画通り竣工できた。施主様・テナント様・協力業者には大変感謝している。


SNKの技術情報