御堂筋ダイワビル
御堂筋ダイワビル 建築概要
建物名/ 御堂筋ダイワビル
住 所/ 大阪市中央区久太郎町3-6-8
建築主/ 三井住友信託銀行株式会社
用 途/ 事務所
構 造/ 鉄骨及び一部鉄骨鉄筋コンクリート造
規 模/ 地上15階 地下2階 塔屋3階
延床面積/ 31,678.03m2
改修工事工期/ 2015年9月〜2016年3月


建物の紹介
御堂筋ダイワビルは、大阪のビジネス街に建つオフィスビルで、1991年に竣工し、25年を経過している。10月に「大阪マラソン」、1月には「大阪国際女子マラソン」が開催されている御堂筋に面しており、様々なオフィスが入居する建物である。

改修工事の概要
・既存設備 ガス冷温水機352kW×1台、633kW×2台
冷却塔639.5kW×1台、1,151.2kW×2台、<24Hr系統冷却塔>362.8kW×2台
補機類1式
・新設設備 ガス冷温水機352kW×1台、633kW×2台
冷却塔581.5kW×1台、1,047kW×2台、<24Hr系統冷却塔>362.8kW×2台
補機類1式
改修工事の内容紹介
今回の改修工事は、熱源機の老朽対応と省エネルギーに主眼をおいた機器類の更新工事である。ガス冷温水機の省エネ化(高効率機種の採用)、冷却水ポンプの省エネ化(インバータ制御を採用)及び各種ポンプの省エネ化(プレミアム効率モータ(IE3)の採用)を行った。
既設の熱源機は経年劣化により運転効率が低下していたので、更新後はガスの消費量は大幅に削減でき、ポンプについても変流量方式を採用したことによりポンプ動力も減少できる見込みである。
11月中旬より熱源機を2週間停止して頂き、この期間に集中して機器の更新工事を行った。
屋上冷却塔の搬出と搬入には双方とも220tレッカーを使用した。現場にてレッカーの組立・揚重作業・解体を夜間8時間で行い、無事早朝に作業を終える事ができた。
入居テナント様との調整や工事の進捗など、関係各位の御協力により、工事が無事完了しました。この場を借りて深く御礼申し上げます。
   

SNKの技術情報