本文へスキップします。

ページタイトル(エディタ)
会社情報ページタイトル背景画像

会社情報

新日本空調の会社情報をご紹介します。

ページ内リンク
ごあいさつ

ごあいさつ

当社代表取締役社長 夏井 博史 から皆さまに向けてのメッセージです。

代表取締役社長
夏井 博史
夏井 博史

新日本空調は、昭和5年(西暦1930年)に当社の前身である「東洋キヤリア工業」が誕生して以来、「技術のキヤリア」との呼び声も高く、世界を席巻した高い技術とパイオニア精神は現在まで脈々と受け継がれております。空調を核としつつ、電気、衛生、自動・計装、防災、建築内装等、設備全般にワンストップで取り組む総合エンジニアリングのリーディングカンパニーである当社グループは、2019年10 月1日に東洋キヤリア工業の工事事業部から分離独立した『新日本空調』の設立から 50 周年を迎えました。これにあたり、新たに「企業理念『使命』と『価値観』」の制定と共に、「ロゴマーク」も刷新しました。また、将来起こりうる変化やその先の見通しに対して、柔軟且つ機敏に対応できる企業グループであるために、2030年を節目とした当社グループの10年ビジョン SNK Vision 2030を定めました。

SNK Vision 2030の基本方針
新日本空調グループは、
持続可能な地球環境の実現と、お客様資産の価値向上に向け、
ナレッジとテクノロジーを活用するエンジニア集団を目指します。

当社グループが提供する建築設備システムは、お客様の重要な資産となり、事業活動の源泉となるものであり、建築設備システムを構築、提供し、維持更新する活動を通じ、持続可能な地球環境の実現と、お客様資産の価値向上に向け、ナレッジとテクノロジーを活用するエンジニア集団を目指してまいります。
当社グループが 2020 年代も社会やお客様から信頼され、健全に発展を続ける 『100 年企業』を目指す新中期経営計画 SNK Vision 2030 PhaseⅠ のスタートと、更なる企業価値向上へ向けた、働き方改革、デジタル化推進、ESG(環境、社会、ガバナンス)経営への取り組みを「覚悟と信念」を持って推進し、「お客様、社会、地球環境に貢献する企業グループ」を目指してまいります。

会社概要

会社概要

新日本空調の会社概要・沿革です。

商号
新日本空調株式会社
英文社名 SHIN NIPPON AIR TECHNOLOGIES CO.,LTD.
設立 昭和44年(1969年)10月1日
本社 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-31-1 浜町センタ-ビル
資本金 51億5,860万円
事業内容 空気調和、冷暖房、換気、給排水、衛生設備等の設計、監理ならびに工事請負
従業員数 単体:1,099名 連結:1,625名 (2020年3月31日現在)
事業所 (事業部・支店等)
首都圏事業本部、国際事業本部、都市施設事業部、リニューアル事業部、産業施設事業部、ビジュアルソリューション事業部、原子力事業部、北海道支店、東北支店、関東支店、横浜支店、名古屋支店、大阪支店、中国支店、九州支店、技術開発研究所、茅野研修所
関係会社 新日空サービス(株)、日宝工業(株)、新日空(中国)建設有限公司、SHIN NIPPON LANKA (PRIVATE) LIMITED、SNK (ASIA PACIFIC) PTE. LTD.

役員・組織図

役員一覧・組織図

2019年6月21日現在

1.取締役(9名)


代表取締役社長
夏井 博史

取締役 常務執行役員

渕野 聡志 原子力担当
赤松 敬一
経営企画本部長(経営企画担当、関係会社担当、IR担当、CIO、CDO)
大宮 祥光
首都圏事業本部長(首都圏統括担当、母艦機能推進担当)
取締役 上席執行役員 下元 智史 営業本部長(営業統括担当)
遠藤 清志 技術本部長(技術統括担当、事業推進担当)
山田 勇夫 管理統括担当、コンプライアンス統括担当、CFO、CPO、CCO
社外取締役
森信 茂樹 独立役員(非常勤)
水野 靖史 独立役員(非常勤)

2.監査役(4名)

監査役
楠田 守雄

社外監査役
野水 秀一
独立役員
鶴野 隆一
独立役員(非常勤)
東海 秀樹
独立役員(非常勤)

組織図

2019年4月1日現在

企業理念

企業理念

「使命」と「価値観」


設立50周年に際し、SNKブランドをRe-fineし、新しい企業理念を制定しました。今後もグループ一同一体感をもって、企業責任を果たしてまいります。


「使命」

Fill your tomorrow
社会と自然の調和を育み、未来へ向けた思いを満たす。

人や社会、環境の調和を尊重し、また、つながりを大切にしながら、空調を核とする事業を通して、お客様や社会からの期待に応える企業として、これからも社会に貢献します。


「価値観」


調和

社会と自然に敬意を払い、つながりを大切にします。
「社会へ向けて」
全ての人・社会・自然とのつながりと多様性を尊重します。

探究

豊かな発想力と熱意を持って、新たな価値の創造に挑みます。
「仕事の姿勢」
未来に対して大胆に挑戦し、創造力を発揮する専門性と人間力を磨きます。

真摯

何事にも強くしなやかに向き合い、期待に応えます。
「個人の資質」
アクティブで且つスビーディーでありながらも誠実さを大切にし、良い品質をお客様に提供します。

仲間と共に、わくわくしながら、成し遂げる喜びを分かち合います。
「仲間へ」
職場の仲間・協力会社の皆さんと、創造し提供する喜びを分かち合い、
また、家族との大切な時間を共有することを大切にします。


SNK Vision 2030

SNK Vision 2030



   新日本空調は、2020年度を初年度とする次期3か年の中期経営計画の策定にあたり、その骨格となる2020年度からの当社グループの10年ビジョン【 SNK Vision 2030 】を策定しました。


Ⅰ. 10年ビジョン策定に至る経緯

   当社は、中期経営計画『 SNK Value Innovation 2020 』において、設立50周年を迎えた2019年を来たる次世代の50年間に向けた「飛躍の年」と位置付け、当社グループの未来における企業価値の永続的向上に向けて、グループ会社を含めた若手から中堅社員で構成された「ブランド戦略タスクフォース」を立ち上げ、ロゴマークやコーポレートカラーを刷新し、新たな企業理念である「使命」と「価値観」や、「会社の方針」とわたしたちの「行動指針」を再定義しました。
   また、将来起こりうる変化やその先の見通しに対して、柔軟且つ機敏に対応できる企業グループであるために、2030年を節目とした当社グループの10年ビジョンを定め、その基本戦略の下、バックキャスティングで次期3か年の中期経営計画を策定することとしました。


Ⅱ. 【 SNK Vision 2030 】の基本方針

 

      新日本空調グループは、
      持続可能な地球環境の実現と、お客様資産の価値向上に向け、
      ナレッジとテクノロジーを活用するエンジニア集団を目指します。

 


   当社グループが提供する建築設備システムは、お客様の重要な資産となり、事業活動の源泉となるものです。従い、当社グループは建築設備システムを構築、提供し、維持更新する活動を通じ、お客様のみならず、多くのエンドユーザーの生活や環境を当社のナレッジとテクノロジーで支え続けていきます。


Ⅲ. 2030年における当社グループのあり姿

 

   ビジネス環境の基盤は、情報通信技術の急速な進歩に伴い、「モノ(所有価値)」から「コト(利用価値)」といった価値定義の変化の中で、高効率・大量生産による消費社会から、変化対応型の発想重視の社会へ変化してきており、知的資本の創造やその活用が今後の企業競争力に影響を与えることが考えられることから、知的資本を構成する、人的資本、組織資本、関係資本サステナビリティ資本を加え、これらを価値創造の根幹として、その堅固な根幹に支えられたビジネスモデルが当社グループの将来価値を創造することになります。従い、自然資本の持続的成長を約束しつつ、知的資本の変革と研鑽による持続的成長が当社グループの企業価値を向上させると考えました。


Ⅳ. 2030年における事業規模

   ◆ 事業規模 1,300億円~1,500億円、営業利益率 10%以上、ROE 10%以上 および 総還元性向 50%を目指します。


Ⅴ. 5つの基本戦略

   

 ◇ 【人的資本戦略】
      多種多様、多才な人材を有し、様々な専門領域にて、自己のキャリアプランと会社のキャリアパスが有機的に結びつく人的資本の育成と、働き方改革を実現する現場や事業基盤増強戦略に基づく事業分野への人材の傾斜配分。
   ◇ 【デジタル変革戦略】
      デジタル変革社会に則した高度情報活用の推進と業務機動性の更なる向上を目指すために、デジタルによる情報活用を推進し、情報通信技術の高度化による当社独自のICTプラットフォームを構築し、存在価値を高める。
   ◇ 【収益力向上戦略】
      事業収益力の向上と施工遂行力の持続的成長を実現する現場機動力の増強に資する安全品質管理体制の強化と生産性向上を目指す。
   ◇ 【事業基盤増強戦略】
      資本コストを意識した事業ポートフォリオの実現と新たな事業領域の展開による収益基盤の拡大。
   ◇ 【企業統治戦略】
      持続的地球環境の実現とステークホルダーの長期的価値向上を見据えたCSR・ESG 経営の浸透展開と、それを支えるコーポレート・ガバナンス体制の強化。

会社の方針

会社の方針

新日本空調グループは、『会社の方針』として、次のように事業環境を整えることをお約束します。また、万一、本方針に反する事態が発生した場合、経営トップ自ら率先して問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努めます。


1. コンプライアンス

役員・従業員は、法律・社会規範・社内ルールを守ります。違法や違反する行為の動機が、「会社のため」、「お客様のため」という職務上のことや、上司の指示であっても例外ではありません。違法行為、社内ルール違反には厳正な姿勢で臨みます。また、そのような行為を出来る限り未然に防ぐために、社内外通報制度を整備、公開し、その通報者を守ります。


2. 公正な事業慣行

役員・従業員は、関係法令および社内ルールを含む腐敗防止や公正な競争、利益相反行為の禁止、贈収賄防止、反社会的勢力との接触禁止、インサイダー取引の防止(以下、腐敗防止等という)に取り組み、公正さ、誠実さおよび透明性を以て事業活動を推進します。また、腐敗防止等に対する取組が不十分と認められる取引先等についても、当社との取引停止を含めた厳しい対応で臨みます。公正さ、誠実さおよび透明性のある事業活動の遂行により、社会、顧客、ビジネスパートナー等のステークホルダーから得られる信用・信頼こそが、かけがえのない財産であることを認識し、活動します。


3. リスクマネジメント

事業運営上のあらゆるリスクに的確に把握・対応し、経営の健全性を確保することがコーポレートガバナンスの重要な基盤であると認識し、連絡体制を強化し、訓練等を通して迅速な対応に努めます。


4. 情報セキュリティ管理

顧客情報や特許権、商標権、著作権等の知的財産の情報と情報システム等の資産を適切に保護・管理し、積極的に活用します。また、従業員に対しては、情報セキュリティに関する意識向上を図ると共に、知的財産や情報管理に関する教育・訓練を実施し、紛失、盗難、不正使用等を防ぎます。


4-1. 情報開示と社内外コミュニケーション活動

社会から信頼される企業集団であることを目指し、正確かつタイムリーな情報に基づき、積極的な広報活動を通じて、ステークホルダーとのオープンで公正なコミュニケーションに努め、経営の透明性の向上を図ります。また、ステークホルダーの皆様からの要望を受け止めると共に、建設的な対話を行い、企業価値の向上に役立てます。


5. 環境

持続可能な地球環境の実現のために、気候変動の緩和と適応や環境への負の影響の最小化に向け、環境問題を経営の重要課題と位置づけ、事業活動のみならず、職場環境に至るまで、全ての業務プロセスにおいて、環境に配慮した活動を推進します。また、調達先や協力会社に対しても、環境に配慮した業務遂行を求め、地球環境の改善に努めます。


6. 労働安全衛生

働く人々の安全確保が企業にとって最重要基盤であると考え、事業活動において、派遣社員、協力会社を含めた働く人々の安全衛生を最優先し、安全で働きやすい環境を確保します。従業員の心身の健康維持・増進を積極的に支援して、健康経営に関する従業員と会社との円滑なコミュニケーションを図ります。また、従業員の声に耳を傾け、一人ひとりが積極的に仕事に取り組み、自由で闊達な発想力を活かす、平等で差別のない明るい職場環境を提供します。更に、ワークライフバランスの充実、労働時間以外の時間帯の適切な確保をサポートし、働きがいを持ち続けられる会社作りを目指します。


7. ダイバーシティ

社会に向けて新たな価値を創造し続けるためには、多様性がもたらすイノベーションが不可欠であると考えています。あらゆる属性の人が平等な雇用と活躍の機会を確保され、多様な個性や能力を十分に発揮できるよう、ダイバーシティ経営を推進します。また、多様性を持った人材の広がりを大切にし尊重すると共に、全ての従業員の公正な処遇を重視します。


8. 人権

あらゆる事業活動において、全てのステークホルダーの皆様の基本的人権および個人の尊厳を尊重し、人権侵害に加担しません。万一、事業活動や商品・サービスが、人権への悪影響を及ぼしていることが判明した場合は、適切かつ速やかに対処します。また、不適切な言動によるハラスメント行為を許しません。ハラスメントとなる行為には厳正な姿勢で臨みます。


9. 労使関係

「労使相互信頼と相互責任」を基本に、従業員がそれぞれの立場において、プロフェッショナルとして活き活きと活躍できるよう、均等な雇用機会と公正な労働条件を提供します。


10. 人材育成

従業員は企業にとって大切な経営資源であり、企業の持続的成長のために人材育成が最も重要であると認識しています。このため、人的資源の高度化を図ることや、従業員一人ひとりがプロフェッショナルとして高い専門性を持って仕事に取り組むことができるよう、それぞれの資質・能力を伸ばすプログラムを提供します。また、過去の経験や先輩から引き継いだ「ナレッジ」の有効活用を図るために、技術に関わる情報の開示に努め、エンジニアの一人ひとりが自信を持って、仕事に取り組むことが出来るように当社技術情報を整備更新します。


11. 地域コミュニティ

持続可能な地域づくりのためには、コミュニティの機能不全や活力低下、都市生活の基盤の脆弱化は、重要な社会問題であると認識しています。このような認識のもと、行政や地域コミュニティと協働し、コミュニティの育成と活性化を支援します。また、自然災害やパンデミック等、地域コミュニティが機能不全になるような事態には、関係者の安全確保をした上で、被災地域の復旧・復興支援およびお客様事業の早期再開の支援を行うことに努めます。


12. 公平、公正な調達

規模・実績の有無を問わず、開かれた公平でかつ公正な参入機会を提供し、品質、技術、数量、納期の確実性に加え、経営の安定性、技術開発力、環境や社会への取組等も総合的に勘案して、調達先を選定します。


13. 品質

顧客が期待する価値を的確に捉え、全ての業務プロセスにおいて、“品質へのこだわり”を持ってSNK品質の提供を行い、信頼され、満足していただける技術とサービスを提供します。そのために各部署、プロジェクトにおいて品質目標を設定し、品質マネジメントシステムを実施し維持すると共に、マネジメントレビュー等を通じて継続的改善を図ります。


13-1. 技術革新への取組

技術開発や異業種とのコラボレーションによるイノベーションにも積極的に取り組み、将来に向けて一歩先の先鋭的技術(テクノロジー)の取得と活用に努めます。

行動指針

行動指針

従業員の日常行動の心構え

夢を持とう

自分の夢を持ち、それに向かって仕事に取り組むことで、次への扉が開きます。

誠実に生きよう

約束や規範を守り、自分に誇れる言動が、他者や社会からの信頼を厚くします。

当事者意識を持とう

当事者としての意識を持ってチームの課題に取り組むことで、自信と謙虚さが生まれます。

学び続けよう

日々の仕事を通じて専門性や人間性を磨くことが、自己の成長とやりがいにつながります。

やってみよう、そしてやり遂げよう

失敗を恐れず挑戦し、その経験を活かすことで、課題を乗り越えることができます。

支え合おう

他者への敬意を忘れず、お互いの成功をともに喜び合い、励まし合うことで、強いチームワークが生まれます。

感謝を伝えよう

明るい笑顔で心から感謝の気持ちを伝えることで、強く温かい信頼の輪が広がります。