本文へスキップします。

ページタイトル
CSR&環境活動ページタイトル背景画像

目標・取り組み計画

コンテンツ

2021年度

2021年度活動計画は、2020年度からスタートした新たな中期経営計画「SNK Vision 2030 Phase Ⅰ」にもとづく活動計画です。

タブ(環境・社会・ガバナンス)

マテリアリティ:環境

1. 温暖化ガス排出量削減による地球温暖化防止

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. フロン回収の徹底 1. フロン回収量の把握100% 1. 回収量の100%把握
    合計 12,551kg
1. フロン回収量の把握100%
2. フロン漏洩量 ゼロ
2. 設計対象案件の省エネ提案の推進 2. 設計時省エネ提案件数、削減量の把握 2. 省エネ提案について、モニタリングを実施 1. 設計時の省エネ提案件数、CO2削減量の把握
3. オフィス・現場事務所でのCO2排出削減 3. オフィス・現場事務所のCO2発生量前2018年比 10%以上削減 3-1. 2020年度:2,026ton-CO2 
1. CO2発生量 10%削減(2018年度比)
3-2. 社有車のガソリン車からエコカーへの切替え推進 1. 社有車のガソリン車からエコカーへの切替え推進
2.ガソリン起源CO2排出目標の設定
4. サプライチェーンCO2排出量の公開 4. サプライチェーンCO2排出量の開示 4. サプライチェーンCO2排出量
⇒ SCOPE1  1,122ton-CO2
    SCOPE2  904ton-CO2
    SCOPE3  4,280,761ton-CO2
- 1. サプライチェーンCO2排出量削減目標の設定
※5. 再生可能エネルギー導入 5. 再生可能エネルギー率73% -
- 1. 再生可能エネルギー率73%
※6. TCFD賛同表明 6. TCFD賛同に値する継続的推進活動 - - 1. TCFD提言への賛同
2. 「指標と目標の設定」「経営戦略への組み入れ」「財務評価」と情報開示
※7. SBT認定(2022年夏) 7. 関係会社を含めたSBT認定に値する継続的推進活動 - - 1. SBT認定に向けた継続的推進活動

2. 廃棄物の削減・リサイクル化の推進による資源保護

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 現場産業廃棄物のリサイクルの推進 1. 現場産廃のリサイクル率 90%以上 1. 現場産廃のリサイクル率 90% 1. 現場産廃のリサイクル率 90%以上
2. 現場産業廃棄物マニュフェスト電子化推進 2. 現場産廃マニュフェスト電子化率 90%以上 2. 現場産廃マニュフェスト電子化率は、94.4% 2. 現場産廃マニュフェスト電子化率 90%以上
3. ヘルメットのリサイクル推進
3. ヘルメットのリサイクル率 100% 3. ヘルメットのリサイクル443個

3. ヘルメットのリサイクル率 100%
4. プラスチック使用削減活動推進 4-1. プラカップから紙コップ、マイカップ等へ移行 100% 4-1. プラカップから紙コップ・マイカップへ移行 4. プラカップから紙コップ・マイカップへ移行、エコキャップ収集 100%実施
4-2. エコキャップ収集量・CO2換算量把握 4-2. エコキャップ収集
※5. ユニフォームのリサイクル推進 5. ユニフォームのリサイクル率 100% - - 5. 管理方法の周知徹底

3. 工事用排水の削減推進による水資源保護

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 工事用排水基準に基づく作業推進 1. 工事用排水基準に基づく作業推進 100% 1. 排水基準を設定し周知 1. 設定した排水基準の展開・実施

4. グリーン調達による資源保護

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 工事資機材のグリーン調達方針の検討 1. 工事資機材のグリーン調達方針制定と制定後の推進 1. 新規協力会社へも継続配信対応中 - 1. 新規協力会社へも継続配信対応中
2. 事務用品グリーン購入推進 2-1. コピー用紙のグリーン調達 100%(A1サイズ除く) 2. グリーン調達項目ガイド制定検討中
⇒グリーン購入啓発ポスター配付及び掲示済
2. 調達ルールの策定
2-2. 事務用品のグリーン購入推進(価格基準で50%)

マテリアリティ:労働安全衛生

1. 労働災害と交通事故の撲滅

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 安全管理見直し策6項目の実施 1. 労災度数率、強度率 前年以下

1. 労災56件発生
    労災度数率 0.26 (前年度0.00)
    労災強度率 0.00 (前年度0.00)

1. 労災度数率、強度率 前年比マイナス
2. 労災速報の活用見直しと再発防止策の適正実施   2. 事故情報のデジタル化
- 2. 事故情報のデジタル化
3. 車両事故の撲滅推進 3. 車両事故 前年比  10%減 3. 交通事故撲滅に関する教育を実施
3. 継続実施(車両事故 前年比 10%減少)

2. 健康経営の推進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 有給休暇など休日取得推進 1. 平均残業時間 前年比10%以上削減
 2023年迄に45時間/月以内に削減
1. 平均残業時間 前年比 2.27% 削減 健康経営に関わる体制の整備と課題の特定
健診情報や労働時間、休日取得率等の開示
2. 勤務間/現場間インターバルの推進 2. SNK Take Five(連続した5日間の有給休暇)取得者数の把握 2. SNK Take Five取得者数 125名取得
-
3. 健康増進活動の推進
(健保主催イベント. 親友会活動)
3. 健保主催イベント参加者数の把握
親友会参加者数の把握
3. コロナ禍で活動休止中のため実績ゼロ
-
4. 高ストレス者低減に向けた取組み検討
4. 高ストレス者率等 把握
4. メンタル不調可能性者の職員比率 前年比増減なし
-
※5. 健康優良法人認定
5. 健康優良法人認定取得
-
-
5. 健康優良法人認定取得に向けた取り組みの推進

3. 業務プロセス見直しと、ICT活用による働き方改革を通したワークライフバランスの推進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 現場業務負荷低減への取り組み

1-1. 現場管理帳票のデジタル化促進
現場負荷低減、現場管理業務の効率化、収益力強化に関する定量評価値の策定
1-1. 工程管理ソフトの導入、現場管理のデジタル化を推進中
BIM運用に向け要領図の作成、作図支援となるテンプレートの作成、操作習得のためのマニュアルの作成などを実施
現場業務負荷低減への取り組みを検討中
- 現場業務負荷低減手法の検討・推進、現場業務のデジタル化の検討・推進
現場サポートの強化(直接的業務支援と技術指導の検討)、分業化の有効性の検討(技術・事務業務の分散化)、評価手法の検討、現場業務負荷低減策の検討
1-2. 重点管理現場数の開示 1-2. 支店対応開始
- 重点管理現場対象のルール見直し、分析強化による技術指導の推進
2. ICT活用推進
- 2. ICT活用推進
     RPA15台稼働中
- -
2-1. 新工事業務管理システムの活用
2-1. 新工事業務管理システムの活用現場数の開示
-
- Polaris(新工事業務管理システム)の運用開始
2-2. 現場業務でのICT活用
2-2. ICT活用現場数の開示
-
 - -
3. 働き方多様性
-
-
-
-
3-1. テレワーク・サテライトオフィス推進
3-1. テレワーク率30%(内勤者)
-
-
テレワーク率30%(内勤者)継続の上、経済産業省の指導に基づくHPでの開示
3-2. 育児・介護・治療とキャリア両立
-
- -
在宅勤務状況、育児休暇者状況の開示方法の具体化

マテリアリティ:技術革新

1. 技術力強化につながる工法開発と新たな価値提供に向けた事業開発及び技術開発の推進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 施工合理化工法 1. 技術開発に関わるリリース数の開示 1. 9件実施
1. 生産性向上に向けた新製品・新工法の検討・活用
2. 脱炭素社会に向けた技術開発
2. 提案1件以上
2. 熱源最適制御のバージョンアップ(熱融通) 1件
2. 新規技術開発
3. 原子力技術の一般への応用 3. 提案1件以上
3. 可搬式抗菌フィルターユニットと自立型感染防止フードの開発において、原子力技術を組み込み
3. 原子力技術の一般設備への応用内容の検討
4. オープンイノベーション推進 4. 提案1件以上
4. 二酸化炭素ガス回収・固定化技術における実用化研究を共研 社外発表1件
4. オープンイノベーション数の推進
5. 独自可視化技術「ViEST」を用いた展開 5. 新規開発商品リリース 1件以上
5. 「DライトType-P」を開発。ラインアップの充実による、市場の拡充
(受託150件、商品80件)
5. 飛沫の評価・対策支援、ならびに、評価技術の開発
※6. 健康・医療環境向け開発と事業の推進
6. 提案1件以上
- - -

マテリアリティ:人材育成

1. 専門性の高度化とデジタル変革対応、リーダーの養成を目指す研修プログラムの推進

2. 従業員ナレッジの 収集と活用による専門性の高度化

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1.人材育成の強化 1. 研修体系図へ新規研修の反映と開示 1. 新型コロナ対応のため、すべての技術研修(集合)をリモート研修に変更して実施
- 研修内容の見直しと概要書の整備と開講
2.研修内容の見直しと推進 2. 研修概要書の整備と開示
2. 技術発表会(25テーマ発表)実施による、技術情報の周知ならびに情報共有 グループ会社職員の技術系研修への参加
-

3. グループ会社・協力会社人材の育成を通した業務品質向上と収益力向上

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 協力会社職員に対する教育の制度化
1. 教育実態の把握と受講者数の増大 1. 協力会社の職員・作業員を対象として安全衛生推進教育を全7回実施
受講者数は足場組立20名 職長13名 酸欠33名 研削砥石15名 フルハーネス36名 有機溶剤19名 計136名
1. 協力会社職員に対する教育の制度化

マテリアリティ:品質確保と向上

1. 収益性向上に向けた品質確保

2. 重点管理項目の対策推進を通した空気品質の提供

「※」・・・2021年度新規取り組み 「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

 

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 品質管理強化活動の推進 1. 苦情事故件数 前年比10%以上削減
1. 苦情事故件数 前年度比 ▲17%
1. 品質管理強化活動の推進
2. 重要施工管理の実施 2.  品質重大管理基準の作成と基準に基づく管理推進
2. 管理基準に基づく品質事故再発防止対策の情報開示
2. 重大品質事故管理基準の作成と基準に基づく施工管理の推進
3. 統合マネジメントシステムを活用した、ESG活動の定着
 3. 内部監査員教育における ESG関連項目の追加と実施
3. 内部監査員教育において、ESGと統合マネジメントの関係を中心に教育を100%実施
 〇 3. 内部監査委員教育における ESG関連項目の追加と実施

3. サプライチェーンとの連携による 品質確保の強化

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 協力会社技術者の把握推進 1. 建設キャリアアップシステム (CCUS) 1次協力会社の事業者登録100%
1. 建設キャリアアップシステム (CCUS) 登録状況 登録率79%
1. 運用現場の拡大
2. 1次協力会社の事業者登録90%

マテリアリティ:ダイバーシティ

1. 女性社員数の増加と活躍の推進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 女性の活躍する職場拡大の検討 1. ライフステージに沿った業務内容、技術・設計能力の維持・向上 1. 技術系女子会をリモートで個別面談方式にて実施 対象者17名(技術系5名 設計系12名)
・育休、産休後の復帰人数の把握
⇒2020年度産休・育休及び育休継続 9名(内男性2名)、育休取得後復帰者4名(内男性2名)、復帰後退職者ゼロ

1. 新人事制度に沿った技術能力の維持向上を目指した女性活躍の促進
 2. 女性活躍に向けて具体策の検討と試行 2-1. 3年後の女性管理職者数50%以上増 2-1. 3名

-
2-2. くるみん認定取得
 - -
2-2. 2-3. 健診情報や労働時間、休日取得率等の開示に伴う説明会を通して、制度の浸透。役員と女性従業員との意見交換会の開催
2-3. えるぼし認定取得
 - -

2. グローバルな交流を通した多様性ある人材の活躍

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 海外ナショナルスタッフの日本研修での研修拡大展開
1. ナショナルスタッフの日本研修の制度化
(カリキュラム、受入体制等)
1. 中国からの日本研修1名受講、制度化検討中

1. 海外からの留学生の積極的採用
 2. 日本人従業員の海外研修制度の導入検討
2. 海外派遣制度案の人事制度化
2. 日本人従業員の海外研修未実施、制度化は未着手
 △ -

3. 様々な専門領域の人材採用と活用

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 多種多様・多才な人材確保に向けた活動
1. 多種多様・多才な人材確保に向け、正社員登用方法の見直し
1. 多様多才な人材確保に向け、正社員登用方法の見直し
⇒ 高卒1名2021年4月入社
⇒ キャリア採用10名の内、IT系2名
-
1. 多様多才な人材確保に向け、高卒・専門学校卒者の採用拡大と育成

4. 障がい者の採用と活用

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 障がい者の雇用推進
1. 障がい者雇用率の法定基準以上
1. 障がい者雇用率 2.01%

1. 特例子会社制度や採用手段の検討と法定雇用率の充足

5. グループ内人材の流動化

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 関係会社との人的交流を推進
1. 人事制度化
1. 2020年度 SNKからの出向者29名(SNKS2名、日宝2名、シンガ16名、スリランカ4名、中国5名)
    SNKへの出向者1名、転籍者1名(SNKSより)
-
-

6. SON活動を通したコミュニティ支援

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. SON活動の継続と活動支援者の社内拡大
1. 活動継続
1. プログラムが全て中止の為、実質的な活動なし 協賛は継続

1. 協賛継続

マテリアリティ:CSR調達

1. 「会社の方針」に基づくCSR調達方針の周知と推進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. CSR調達マニュアル浸透(含むグリーン調達方針)
1.CSR調達方針の協力会社通達100%と浸透 1. 新規協力会社へも継続配信対応中 - 1.CSR調達方針の浸透と協力会社向け教育の実施

マテリアリティ:人権

1. 人権の理解と現場でのハラスメント 防止

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. ハラスメントに関わる社内教育
(コンプライアンス教育の一環)
1. ハラスメントに関わる教育実施 1. 公正な事業慣行におけるハラスメント教育に同胞 1. 研修内容の検討と継続実施
2.協力会社へハラスメントに関わる教育実施 2. 協力会社従業員へのハラスメント実態把握 2. 公正な事業慣行におけるハラスメント教育に同胞 2. 研修内容の検討と継続実施

マテリアリティ:地域コミュニティ

1. 地域コミュニティとの活動を主催

2. 被災地支援・災害支援

「※」・・・2021年度新規取り組み 「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

 

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 地域の清掃活動への参画 1. 事業部での地域活動参加者数の増加 1. 新型コロナウイルス感染症の影響は少ない地域のみ実施済
1. FMあおぞらへのCM提供継続

3. 教育や研究支援を通した空調の理解促進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1.「おしごと年鑑」を活用した小中学生学習の企画 1. 計画書策定と計画に基づく実行 1.「おしごと年鑑 2021」協賛継続 1. 「おしごと年鑑 2022」協賛継続と出前授業の開催検討

マテリアリティ:労使関連

1. 労使協調体制の推進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1.労使協調の推進 1.労使協議会(シップ会議)年4回開催 1. シップ会議年4回実施 1. 労使協議の継続開催による協調の維持

マテリアリティ:リスクマネジメント

1. リスク(危機)の特定と予防・対策

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. リスク管理規程「想定されるリスク」の特定と対策 1. リスク管理委員会におけるリス管理実施状況報告
1. リスク管理委員会における年4回の報告
1. コーポレートガバナンス・コードの改訂に伴いリスクの再検討と開示
2. 事業リスクの見直しと、気候変動リスクにおけるリスク分析の実施
2. 事業リスクの見直しと有価証券報告書への適切な記載
2. リスク管理状況報告
- 2. TCFD提言におけるリスクと機会の特定と分析の開始

2. 危機管理における情報公開対応

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 危機管理事象発生時の広報対応 1. 広報対応研修の実施 年1回以上 1.危機管理広報マニュアルを制定・ 当BCP訓練12/4実施済 1. 危機管理広報マニュアルの見直し

マテリアリティ:情報開示

1. グループ内への企業理念浸透とESG活動の基盤つくり推進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 企業理念、ESG活動の社内浸透 1. 部門説明会 参加率 80%以上
環境データの月次公開
1. 社内浸透活動実施済(対象:役員・職員・契約社員)
資料閲覧方式による回答率100%
1. 社内浸透活動を継続推進

2. タイムリーな情報発信(HP, リリース)と問合せの把握

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. リリース、HPを用いたタイムリ-な情報発信 1. リリース発信回数 年24回以上 1. 発信数(30件/年) 1. 現状の把握と改善提案
2. コーポレートガバナンス報告書の開示内容充実 -
-
-
-

3. ステークホルダーとの対話の促進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 学生との対話実施 1. 学生との対話 1回以上
1. 当社と学生との共研活動実施(横浜市立大学生による「SNK CSR報告書」作成) 1. 学生との共研活動実施(横浜市立大学)
2. IR活動の推進 2. 決算説明会 年1回 2. 年間機関投資家とのIR面談(延17件)
2. 機関投資家との積極的なIR面談
3. e-Laboの活用 3. e-Labo見学者数の推移  3. 新型コロナウイルス蔓延のため受け入れ中止
3. ステークホルダー向けのe‐Labo活用の推進

マテリアリティ:公正な事業慣行

1. 腐敗防止等の法令の遵守の推進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. コンプライアンス教育(含腐敗防止等に関わる教育)の推進 1-1. コンプライアンス教育
・役員 年1回以上 受講率100%
・従業員(含グループ会社) 年1回以上 受講率100%
・協力会社 各社隔年1回以上
1. <コンプライアンス>
・コンプライアンス研修受講率 95.3%
・コンプライアンスアンケート実施 回答率98.1%
・コンプライアンスポスター 掲示
・協力会社「コンプライアンス徹底の協力」発送
1. 研修内容の見直しと推進活f道の継続
1-2. 腐敗防止等に関わる教育 年1回受講率100%

マテリアリティ:コンプライアンス

1. コンプライアンス推進活動

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
※1. 独占禁止法遵守の為の専門教育を継続実施
1. 全社営業系職員を対象とした独占禁止法教育の継続実施(1回/年)
1. 独占禁止法教育実施
-
1. 継続実施

マテリアリティ:情報セキュリティ

1. ITセキュリティ教育の推進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 役職員対象教育の実施 1. 全役職員対象 年4回以上、受講率100% 1. 2回目:12~1月実施/受講率85%(受講人数1,287人)
教育回数を減じ4回予定の所2回とした。
1. 継続実施
2. 情報管理取扱者会議でセキュリティの周知 2. 11月に1回実施 2. 11/20情報管理取扱者全店会議実施済 2. 継続実施

2. 現場及び事務所の社内ITインフラ整備の推進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 現場ITインフラの本社一括管理推進 1. 一括管理現場数 80現場以上 1. 現場ITインフラの本社一括管理を、70現場で運用中
- 1. 継続実施

3. 知財管理の充実と知財意識の向上推進

「※」・・・2021年度新規取り組み
「評価」・・・ 〇:目標達成、△:目標未達成、-:評価不可能

SNK Vision 2030 Phase-Ⅰ 2020年度 実績 評価 2021年度目標
取り組み内容 目標
1. 知財に関わる教育 1. 知財教育実施 1. 知財に関する教育方法の検討及び資料整備中
 知財(著作権)教育の準備を進めるが、教育未実施。
- 1.研修内容の検討と継続実施
GDPR
当ウェブサイトでは、利便性向上のためCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています(詳しくはこちら)。
Cookieの使用にご同意くださいますようお願いいたします。なお、このまま閲覧を継続する場合もCookieの使用に同意したものとみなします。