本文へスキップします。

ページタイトル(エディタ)
ページタイトル背景画像

PRESS RELEASE

PRESS RELEASE

2020.12.04

2020年度 技術発表会を開催

~ 「現場力強化」と「生産性向上」に向けて ~

新日本空調株式会社(代表取締役社長 夏井 博史)は、11月26日・27日の2日間に亘り、本社会議室にて、『2020年度 技術発表会』を開催しました。この発表会は、全社技術部門の解決すべき技術課題に関する取組み成果を発表し、技術の共有と全社技術系社員の問題解決力の向上を図ることを目的に、1994年より継続して開催しています。本年度は、海外現地法人と関係会社2社を含め、18事業部が参加して25テーマの成果発表を行いました。


今年度の技術発表会は、コロナ禍の状況に鑑みWEB(Zoom)での開催としました。本社を発信起点としながらも、地方事業部門はもちろん本社内会議室の収容人員(発表者及び聴講者)も制限し、新型コロナウイルス感染拡大防止の手立てを講じながら開催しました。内容に関しては、新型コロナウイルス感染拡大防止に活用可能な当社開発技術を始めとし、BIMや3D計測の活用事例、VRシステムの現場施工教育への活用、EDIの本番活用に向けた状況の説明や、「働き方改革」「施工合理化」に向けた取組み等の発表もあり、多岐多様に亘る内容となりました。
遠藤技術本部長が「発表された内容を他部門にどのように展開していくかを考えることが重要である。また、コロナの影響はしばらく続くと予想されるので、生産性の向上に危機感をもって取組んでほしい。」と総評し閉会となりました。次年度以降も「現場力強化」と「生産性向上」を目指して継続開催を実行してまいります。


感染拡大防止対策によりアクリル板の設置やWEBを活用した開催風景


新日本空調グループのSDGsへの貢献について



新日本空調グループは、企業が中長期的に持続的成長を目指す上で重視すべき3つの側面、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)を視野に入れたESG経営を実行しています。当社グループの事業特性を踏まえた上で、ESG経営の観点から、あらゆる事業活動における課題を特定し、中長期的取組み目標を定め、SDGsに代表される国際的社会課題の解決に資する事業活動を推進します。
本リリースの取り組みは、SDGsにおける2つの目標に貢献しています。



目標   9:産業と技術革新の基盤をつくろう
目標 12:つくる責任 つかう責任

  



【お問合せ先】
新日本空調株式会社 経営企画本部 ESG経営戦略室
コーポレートコミュニケーション課 星野 昌亮
Tel   :03-3639-2332
Fax  :03-3639-2731
Mail :hoshinom@snk.co.jp

新日本空調株式会社 技術本部 技術企画部 今中 一博
Tel   :03-3639-3417
Fax  :03-3639-2736
Mail :imanakak@snk.co.jp