本文へスキップします。

ページタイトル(エディタ)
ページタイトル背景画像

PRESS RELEASE

PRESS RELEASE

2021年11月04日

脱炭素社会の実現に向けた取り組み

~ 再生可能エネルギーの導入~

新日本空調株式会社(代表取締役社長 前川 伸二)は、脱炭素社会実現に向けた具体的な取り組みの一つとして、当社保有施設の内「技術開発研究所および茅野研修所」(長野県茅野市)にて、2021年11月より実質再生可能エネルギー100%電力の導入を行いました。当社は、CO2削減目標を定め、本社・事業部門と各工事現場、拠点事務所等において、電気使用量削減や社有車のエコカー採用等に取り組み、CO2発生量を収集し省エネ活動を推進していますが、更なる取り組みとして、実質再生可能エネルギー100%の電力プランの切り替えを検討致しました。
「技術開発研究所および茅野研修所」において、既にスマートエコエナジー株式会社(代表取締役 髙井裕之:東京都中央区)の電力供給を受けていることと、同社の「Ecology グリーンプラン」の電力供給を受けることにより、実質再生可能エネルギー100%の実現が可能となるため、スマートエコエナジー㈱との契約締結至りました。前年度と比較した場合、SCOPE2のCO2排出量を約380ton-CO2/年(GHG排出量の18.8%)オフセットすることができます。今後の方針として、全事業部門での再生可能エネルギー導入の検討を継続し、取り組み推進を強化してまいります。


 

新日本空調グループのSDGsへの貢献について

 

新日本空調グループは、企業が中長期的に持続的成長を目指す上で重視すべき3つの側面、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)を視野に入れたESG経営を実行しています。当社グループの事業特性を踏まえた上で、ESG経営の観点から、あらゆる事業活動における課題を特定し、中長期的取組み目標を定め、SDGsに代表される国際的社会課題の解決に資する事業活動を推進します。
本リリースの取り組みは、SDGsにおける3つの目標に貢献しています。

目標  7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
目標  12:つくる責任つかう責任
目標  13:気候変動に具体的な対策を

       



【お問合せ先】
新日本空調株式会社 経営企画本部 企画部
コーポレートコミュニケーション課 多田 邦彦
Tel   :03-3639-2475
Fax  :03-3639-2731
Mail :tadak@snk.co.jp


新日本空調株式会社 経営企画本部
企画部 ESG経営戦略課 星野 昌亮
Tel   :03-3639-2332
Fax  :03-3639-2731
Mail :hoshinom@snk.co.jp


PDFダウンロード(1493KB)

GDPR
当ウェブサイトでは、利便性向上のためCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています(詳しくはこちら)。
Cookieの使用にご同意くださいますようお願いいたします。なお、このまま閲覧を継続する場合もCookieの使用に同意したものとみなします。