本文へスキップします。

ページタイトル(エディタ)
ページタイトル背景画像

PRESS RELEASE

PRESS RELEASE

2022年08月02日

オゾン清浄装置『Ex-ViC®』(エクスヴィック)を市場投入 New

~ NOxフリー低濃度オゾンにより、表面付着ウイルスを99.9%不活化 ~

 新日本空調株式会社(代表取締役社長 前川伸二)は、空調機内およびフィルタ等に付着する病原性微生物の不活化・低減対策と臭気対策を目的とする、空調機内に設置可能なオゾン清浄装置『Ex-ViC』(以降、本装置)の販売を開始しました。本装置は株式会社オーク製作所(代表取締役社長 藤森昭芳:東京都町田市)独自の「pureO(ピュアオー)」技術※1.2に、弊社の空調制御技術を組み合わせることでNOxフリーな低濃度オゾンの安定供給を実現しました。弊社はフィルタを用いた従来の空気清浄化技術に加え、本装置を含む様々なソリューションの提供により、空気質および環境衛生に関する改善・解決に貢献してまいります。
※1 株式会社オーク製作所HP(https://www.orc.co.jp/products/ja/pure-o.html)より引用
※2 「pureO(ピュアオー)」は株式会社オーク製作所の登録商標です。
関連URL https://www.snk.co.jp/news_info/news/?itemid=409&dispmid=892&TabModule1201=0




対象:1,000m2程度の空調エリア用エアハンドリングユニット(外気量等に依存)
電源容量:100V, 0.5A 以下(定格消費電力 50W以下)
制御:ファン風量と連動
圧力損失10Pa 以下(吸込チャンバボックス内設置の場合)
※本装置設置によって、浮遊する病原体を直接抑制する効果や在室者同士の感染を抑制する効果は確認されていません。





 展開
 本装置は、お客様の必要とされる空間サイズにあわせて出力制御が可能で、大空間に対しても複数台設置することで対応可能です。今後、お客様のニーズに応じたバリエーションの拡充に向け検討を進めてまいります。弊社は従来技術に、本装置を含む様々なソリューションを組み合わせることにより、今後とも感染症対策・環境衛生などに貢献してまいります。



新日本空調グループのSDGsへの貢献について

 

新日本空調グループは、企業が中長期的に持続的成長を目指す上で重視すべき3つの側面、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)を視野に入れたESG経営を実行しています。当社グループの事業特性を踏まえた上で、ESG経営の観点から、あらゆる事業活動における課題を特定し、中長期的取組み目標を定め、SDGsに代表される国際的社会課題の解決に資する事業活動を推進します。
本リリースの取り組みは、SDGsにおける3つの目標に貢献しています。

目標  3:すべての人に健康と福祉を
目標  9:産業と技術革新の基盤をつくろう
目標  11:住み続けられるまちづくりを

       






【お問合せ先】
新日本空調株式会社 経営企画室 企画部
コーポレートコミュニケーション課 多田 邦彦
Tel   :03-3639-2475
Fax  :03-3639-2731
Mail :tadak@snk.co.jp


新日本空調株式会社 技術開発研究所
高塚 威
Tel   :0266-73-9611
Fax  :0266-73-9615
Mail :takatsukat@snk.co.jp


PDFダウンロード(1,410KB)

GDPR
当ウェブサイトでは、利便性向上のためCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています(詳しくはこちら)。
Cookieの使用にご同意くださいますようお願いいたします。なお、このまま閲覧を継続する場合もCookieの使用に同意したものとみなします。