本文へスキップします。

ページタイトル(汎用DB)
サービス ページタイトル背景画像

電解水を用いたマスク洗浄システム

汎用DB:詳細

印刷する

技術概要

原子力発電所構内作業用マスクの洗浄に電解水を用いた洗浄方法を検証し、臭気除去と除菌効果を明確化した事により、電解水供給システムを開発し、容易な洗浄作業を提供しています。


原子力発電所において、作業員の方々が年間を通じて使用する『全面マスク』を介してのウイルス感染が懸念され、その予防対策として、微酸性電解水を用いた洗浄の有効性を検証致しました。
また一方で、汗や皮脂に起因する臭気対策の相談を受け、アルカリ性電解水を微酸性電解水と組み合わせて洗浄水として使用する事により、臭気に対する問題も軽減する事が検証されたため、作業環境改善を目的とする「電解水を用いたマスク洗浄システム」として開発致しました。

システム概要

まずアルカリ性電解水による洗浄を行い、汗や皮脂に起因するタンパク質や臭い等を効率的に洗浄、その後微酸性電解水による洗浄を行う事により、ノロウイルス等の不活化を効率的に行います。
従来のアルコール消毒を含む洗浄方法では、臭い対策やウイルスの不活化が万全ではない等の指摘がありましたが、本システムの採用により、予防対策としての効果を期待する事が出来ます。
開発のシステムは、電解水製造装置を20フィートコンテナ内に格納し屋外に設置することで、既存設備配置に極力影響を与えないと共に、コンテナを含めたユニットとして工場製作を可能とし現地工事の省力化が実現出来ます。
また、電解水製造装置をユニット化する事で、電源と水、電解水供給配管の接続のみで即、電解水の連続供給が可能なものとしています。

尚、本装置システムは原子力発電所のマスク洗浄のみならず、一般におけるノロウイルス対策や殺菌の他、汗や皮脂に起因する汚れの除去及び脱臭を目的とした洗浄に広く用いる事が可能であり、ノロウイルス等による感染症対策の一助となるようシステムの普及促進に努めます。

対応施設

原子力発電所

特長

安心・安全性工期短縮 廃棄物洗浄システム 改築 システム

関連技術

お問い合わせ窓口

お問い合わせ窓口:原子力事業部

GDPR
当ウェブサイトでは、利便性向上のためCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています(詳しくはこちら)。
Cookieの使用にご同意くださいますようお願いいたします。なお、このまま閲覧を継続する場合もCookieの使用に同意したものとみなします。