本文へスキップします。

ページタイトル(汎用DB)
サービス ページタイトル背景画像

O-T-9/(オーティーナイン)® -天吊り設備機器の落下防止工法-

汎用DB:詳細

印刷する

技術概要

建築設備の耐震対策工法として、地震時に天吊り設備機器の吊りボルトが破断した際に、設備機器が「落ちない」新工法です。既存の天吊り設備機器において吊りボルトの耐震補強が難しい箇所、既存設備・新築設備のいずれにも適用可能で、施工時に新たな吊元を必要とせず、均一な施工品質が確保でき、従来の対策に比べて約3分の1の作業時間で落下防止措置が行えます。

吊り機器の落下防止が急務です

天井から支持される吊り機器は、斜材で振れ止め補強を行い、地震時の大きな揺れを抑制します。しかし、吊り機器と天井スラブ間のスペースが狭い場合や、斜材で補強が行えない範囲がある場合は、補強金具から吊り機器の支持部までの吊りボルトにおいて、吊りボルトが破断するリスクがあります。


落下防止の仕組み

O-T-9/(オーティーナイン)は、吊りボルトの吊元部と、吊り機器支持部の下部に落下防止金具を取り付け、上下二つの金具を介してワイヤをループ状に繋ぐことにより、落下防止金具間の吊りボルトのどこで破断が起きても、ループ状に張られたワイヤが吊り機器の落下を防止します。

あと施工も簡単

O-T-9/(オーティーナイン)は吊りボルトに落下防止金具を横から挿入して設置できます。さらに中間挿入ナットと併用することで作業性が大幅に向上し、既存の対策と比較して設置作業時間を約1/3に短縮できます。


テンションバネで均一な施工品質を確保

 ループ状にワイヤを張る際にワイヤ端部にテンションバネを取付けてワイヤに初期張力を掛けることで、吊りボルト破断時に落下防止金具やワイヤに掛かる衝撃荷重を抑制します。また、テンションバネが伸びることでワイヤに張力が掛かったことが目視確認できるため、作業者の腕力や感覚に左右されず、均一な施工品質が確保できます。

O-T-9の適用先
・高所や狭所、障害物で振れ止め補強が行えない機器
・落下防止用の吊元が取れない既存設備
・振れ止め補強を施しても地震時に落下が懸念される重量機器



O-T-9の適用先

・吊りボルト径:W3/8
・4本吊りの機器・設備類:総重量100kg以下

対応施設

オフィスビル・庁舎商業施設ホテル・住宅医療・福祉施設教育施設文化施設スポーツ施設交通施設データセンター地域熱供給施設エネルギープラント原子力発電所研究施設半導体・液晶工場精密機械工場医薬品工場食品工場印刷工場物流施設その他

特長

安心・安全性建物価値向上 空気調和設備工事空気調和換気設備工事換気設備工事 新築/改築 製品工法

関連技術

お問い合わせ窓口

お問い合わせ窓口:技術開発研究所

GDPR
当ウェブサイトでは、利便性向上のためCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています(詳しくはこちら)。
Cookieの使用にご同意くださいますようお願いいたします。なお、このまま閲覧を継続する場合もCookieの使用に同意したものとみなします。