本文へスキップします。

ページタイトル(汎用DB)
サービス ページタイトル背景画像

アクティブスウィング空調制御技術

汎用DB:詳細

印刷する

技術概要

既存の空調設備を有効利用! 既存の設備で室温を自動で上下させて省エネを実現する空調制御システムです。

アクティブスウィング®

既存の空調設備を有効利用! 既存の設備で室温を自動で上下させて省エネを実現する空調制御システムです。

古くなった空調、新しくしたいけど…

近年、社会ではより一層の節電・省エネが求められています。特にビルの消費エネルギーの4 割を占める空調の省エネ化を図ることが重要となります。しかしビル空調を全て最新機器設備に更新することは、工事に時間がかかったり、高額なコストがかかったりして現実的ではありません。だからといって、設備をそのままに空調の設定温度だけ上げるのでは、省エネだけど快適感が悪化し、生産性を低下させる「がまん空調」になってしまいます。

既存の設備を制御して省エネ化

アクティブスウィング®は、夏の冷房時に室温を上下2 段階にスウィング(自動で上下)させ、平均温度を通常の温度一定制御より高くすることで、温熱快適性や知的生産性を損なうことなく省エネを実現する空調制御システムです。

電力量削減に効果あり

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合研究機構(NEDO)の省エネルギー革新技術開発事業の助成を受けて、㈱東芝と共にオフィスビルにて実証試験を行いました。その結果、26℃/50%RHの温湿度一定制御と比較して、7.5% の電力量削減を達成しました。

快適性・知的生産性も問題なし

早稲田大学創造理工学部建築学科の田辺新一研究室に委託して、居住者の快適性と知的生産性についても調査しました。その結果、26℃/50% の温湿度一定制御とほぼ同等であるという結果になり、アクティブスウィングの有効性が証明されました。

対応施設

オフィスビル・庁舎商業施設ホテル・住宅医療・福祉施設教育施設文化施設

特長

省エネ最適制御快適建物価値向上リニューアル 空気調和設備工事 新築/改築 システム

関連技術

お問い合わせ窓口

お問い合わせ窓口:技術開発研究所

GDPR
当ウェブサイトでは、利便性向上のためCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています(詳しくはこちら)。
Cookieの使用にご同意くださいますようお願いいたします。なお、このまま閲覧を継続する場合もCookieの使用に同意したものとみなします。