本文へスキップします。

ページタイトル(汎用DB)
サービス ページタイトル背景画像

DiverCell™ -多用途型簡易クリーンブース-

汎用DB:詳細

印刷する

技術概要

陽圧・陰圧どちらにも切替えることが可能なクリーンブースです。医療分野や各種産業など様々な用途に活用できます。

概要

DiverCellTM」(ダイバーセル)は、陽圧・陰圧どちらにも切替えることが可能な多用途型簡易クリーンブースです。感染隔離室や再生医療用クリーンブースなど、医療・医薬・バイオをはじめ、各種産業など様々な用途に活用できます。

用途に応じ清浄な空気質を保持しながら室圧制御が可能です。陽圧運転時には医療現場等における待機室や感染抑制室として在室者の感染リスクを低減させることができ、陰圧運転時には感染症発生時の仮設病室や臨時の感染隔離室として感染症の原因ウイルス等を封じ込めることができます。

DiverCellの特徴

■陰圧制御と陽圧制御は簡単に切替え可能、工事は不要です

■新開発のフレームを採用し、全て内側から構築・解体・再構築が可能です(1~2日程度)

■高性能フィルター採用により給気・排気を清浄化します

■ファンフィルターユニットは構築後も自由に配置変更が可能です

■既存オフィスに設置可能な大きさ・重量です

ブース構築後に陰・陽圧設定変更が可能なため、用途の変更にも柔軟に対応できます。

陰圧運転時は、ファンフィルターユニットを通してブース内の空気をブース外に排気し、その風量を調整することでブース内は外部より室圧が低い陰圧の環境となります。ブース内の汚染空気の外部漏出を防ぐことで、感染症発生時の仮設病室や臨時の空気感染隔離室等に転用することができます。また、薬品調整やウイルス実験等の用途にも活用できます。

陽圧運転時は、汚染空気の流入を抑制し、医師・看護師等の安全な待機場所とすることが可能です。更に、ブース内に安定した清浄空気を供給することができるため、再生医療等実験や産業用クリーンブースとしての利用も可能です。



   

今後の展開

 

DiverCell」は、202010月以降の販売開始を予定しています。今後は当社保有技術の微粒子可視化や抗菌空調システム技術との組み合わせも含め、「DiverCell」の展開による社会貢献に努めて参ります。



対応施設

オフィスビル・庁舎医療・福祉施設文化施設研究施設精密機械工場医薬品工場食品工場その他

特長

クリーンルーム最適制御安心・安全性工期短縮リニューアル 新築/改築 製品

関連技術

お問い合わせ窓口

お問い合わせ窓口:技術開発研究所

GDPR
当ウェブサイトでは、利便性向上のためCookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています(詳しくはこちら)。
Cookieの使用にご同意くださいますようお願いいたします。なお、このまま閲覧を継続する場合もCookieの使用に同意したものとみなします。